【病気の危険性アリ】飛蚊症の症状を事前に確認しておこう

MENU

目の病気を予防するために

目

視力を大切に

視界に、小さなゴミや糸くず、細胞のようなものが浮遊して見えたという経験はないでしょうか。それは、飛蚊症と呼ばれる目の症状かもしれません。飛蚊症は、視界に上記のようなものが見えてしまう症状のことです。気にならないと放置する人もいますが、気になってノイローゼになり、車の運転や家事などが普通に出来なくなってしまうという人もいます。このような飛蚊症の原因は、目の機能低下によることが多いです。目の機能低下は、基本的には加齢が原因ですが、近視や遠視など、視力が弱い人も、このような症状が出やすいと言われています。近視や遠視を持っている人は、目の網膜のピントを合わせる力が通常より低下している状態にありますので、目に負担がかかりやすく、活性酸素などの毒素が発生しやすいからです。視力を落とさないようにすることも、飛蚊症を予防するための有効な方法の一つです。目に良いとされるカロテンやアントシアニンと呼ばれる成分で作られたサプリを摂取することなどがおすすめです。また、目が疲れたと感じたときには、アイマスクで温める、また冷やすなどをして、目に疲労をためないように心がけましょう。さらにテレビやパソコンを見るときにはブルーライトメガネをするなど、目を守ることが大切です。一度下がった視力を回復するというのはとても難しく、また飛蚊症以外にも、白内障などの深刻な病気を引き起こしてしまう可能性もあります。目を大切にして視力を維持し、飛蚊症や様々な目の病気を予防しましょう。

Copyright© 2018 【病気の危険性アリ】飛蚊症の症状を事前に確認しておこう All Rights Reserved.