【病気の危険性アリ】飛蚊症の症状を事前に確認しておこう

MENU

黒い点が見える症状

女性

加齢が原因の場合が多い

飛蚊症とは目の病気のひとつで、視界の中に黒い点や虫のようなものが見える症状のことです。視線を動かすと黒い点も一緒に動き、暗い場所では気づきにくいですが、明るい場所や晴れた空を眺めた時に見えやすいという特徴があります。飛蚊症の原因で最も多いのが加齢による後部硝子体剥離という症状です。人の眼球には硝子体と呼ばれる透明なゼリー状の組織があります。硝子体は年齢を重ねることでゼリー状の組織に液体状の部分が増えてきます。加齢が原因で網膜から収縮した硝子体が剥がれ落ち、その細胞や線維が黒い影となって網膜に映ります。この黒い影が飛蚊症の正体で、蚊が飛んでいるように見えることから飛蚊症と呼ばれています。生まれつき硝子体ににごりが見られることもあり、これは生理的飛蚊症と呼ばれています。老化現象や生まれつきのものは病気ではないので、心配する必要はありません。しかし、網膜剥離や網膜裂孔など重大な病気が原因となる飛蚊症もあるので注意が必要です。網膜裂孔とは、硝子体が網膜から剥がれ落ちる時に網膜に孔が開いてしまう症状です。網膜裂孔は放置した場合、網膜剥離に進行する可能性があり、網膜剥離は失明する危険性もあるこわい病気です。網膜剥離は視界の中に光が走っているように見える光視症という症状もあります。その他にも飛蚊症は硝子体出血やぶどう膜炎という重大な病気の症状でもあります。硝子体出血は糖尿病や目の外傷が原因で、眼底出血した時の血液が硝子体に入る症状です。出血が網膜に影を作ることで飛蚊症の症状を引き起こします。出血が増えると視力低下、さらに進行すると失明する恐れもあります。ぶどう膜炎は細菌感染が原因で炎症が起こり、硝子体ににごりが生じます。目のかすみやまぶしさ、視力低下などの症状があらわれます。飛蚊症を自覚した時は、重篤な目の病気である可能性もあるため、早めに眼科を受診することが大切です。生理的飛蚊症と診断されたら治療の必要はありませんが、他の病気だった場合は早期治療が可能になり、治る確率が高くなります。

Copyright© 2018 【病気の危険性アリ】飛蚊症の症状を事前に確認しておこう All Rights Reserved.