【病気の危険性アリ】飛蚊症の症状を事前に確認しておこう

MENU

ゴミや虫が見える症状

医師

予防方法と見え方

飛蚊症の症状を感じたことはあるでしょうか。飛蚊症とは、文字の通り、現実には何もないのに、目の前に虫が飛んでいるように見えてしまう目の症状のことです。飛蚊症による目の見え方は、透明の細菌のようなものがチカチカと見えたり、黒っぽい虫のようなものが飛んで見えたり、糸くずのようなものが浮遊して見えたりなど、その特徴は人それぞれです。そしてこれらは、すべて網膜にたまってしまったゴミなどが原因です。通常目は、そのようなゴミは写さないようにきちんと働いています。しかし様々なことが原因で目の免疫力が低下してしまうことで、通常きちんと処理されていたゴミなどが網膜に写ってしまうようになり、起こります。飛蚊症は、目が疲れているときなどに定期的に発生することも多いため、それほど深厚な症状というものではありません。通常、目を休めてマッサージなどをすれば、目の疲れが取れて症状が改善させることがほとんどです。しかし、慢性的に飛蚊症の症状が現れている場合、見えるゴミや虫のようなものが多くて視界を遮るほどである場合、飛蚊症ではなく深刻な目の病気である可能性もあります。気になる場合には、眼科に行って精密検査を行いましょう。また対策としては、お風呂上りなどのリラックスしているとき、パソコンやスマートフォンを操作したあとなどに、目のマッサージをすることを習慣づけるということがおすすめです。目をマッサージすることで血行が良くなり、目の働きが活性化し飛蚊症を予防してくれます。

Copyright© 2018 【病気の危険性アリ】飛蚊症の症状を事前に確認しておこう All Rights Reserved.