【病気の危険性アリ】飛蚊症の症状を事前に確認しておこう

MENU

医師

視界に異変が生じる症状

後天的理由で飛蚊症になる場合は年齢に由来する場合が多く、硝子体での離水や、それによる後部硝子体剥離などで発症するのが特徴です。後部硝子体剥離では、ある時を境に発症し、飛蚊症がハッキリと見え、サイズは大きく、色も濃く見えるのが特徴となります。

目

目の病気を予防するために

視界に虫のようなものが見えてしまう飛蚊症は、加齢や視力低下によって生じます。特に視力低下は、様々な目の病気の原因となってしまうこともありますので、サプリの摂取やブルーライト対策など、日ごろから目を守って生活することが大切です。

女性

黒い点が見える症状

飛蚊症とは加齢などが原因で視界の中に黒い虫が飛んでいるように見える症状のことです。老化など生理的なものが原因である場合は、治療の必要はありませんが、重篤な病気である可能性もあるので、症状があれば早めに眼科を受診することが大切です。

医師

ゴミや虫が見える症状

目の前にゴミや虫のようなものが見えてしまうのが、飛蚊症という症状です。飛蚊症を予防するためには、目の血行を良くするマッサージを定期的に行うことがおすすめです。また症状が重く気になる場合には、すぐに眼科へ行きましょう。

目

健康保険が使えるから安い

ゴミクズなどが常に見える飛蚊症の精密検査では、健康保険が使えますので安い費用で受けられます。ただし特定機能病院や、一定以上の病床を持つ病院では、紹介状を持たない初診患者に対し、選定療養費の負担金を徴収することがあるので留意しておきましょう。

虫の様な物が見える症状

女性

殆どは心配いらないもの

明るい部屋で白い壁を見たとき、晴れた日に空を見たときなどに、虫のようなもの、髪の毛や糸くずののようなものが浮遊して見えると感じた事はないでしょうか。このような症状の事を「飛蚊症」と言います。殆どの場合が気にしなくて良いものですが、中には眼の病気が隠れている場合もありますので、その特性を知っておくと良いでしょう。そもそも飛蚊症状が現れる原因ですが、眼の中の硝子体が関係しています。硝子体はゼリー状の液体ですが、この中に濁りができるとその影が眼に写って見えるのです。胎児として母親のお腹の中にいる時は硝子体には血管が通っていますが、通常は生まれた後にこの血管はなくなるのです。しかし、血管の名残が硝子体に残る事もあります。それが飛蚊症として見える場合があります。これが先述の「気にしなくて良い殆どの場合」で、生理的飛蚊症と呼ばれています。また、加齢と共にゼリー状だった硝子体が液体に変化し、それにより飛蚊症が起こる事もあります。この場合も特に心配する必要はありません。反対に、病気が潜んでいる場合はどのような病気かと言うと、硝子体出血や網膜剥離がその代表です。硝子体出血は高血圧や糖尿病などの人に起こりやすい病気で、眼を強く打撲した場合も起こる事があります。網膜剥離は眼の病気の中でも失明に繋がる有名な病気で、その名の通り網膜が剥離してしまうものです。急に飛蚊症状が現れた場合や視力の低下を伴う場合は早急に眼科を受診しましょう。病気を伴わない生理的飛蚊症の場合、治す薬や治療はありません。浮遊物が見えると気になりますが、気にしていなかったり、忘れていると見えない場合もあります。考えすぎるとストレスになってしまいますので、上手く付き合っていくようにしましょう。

Copyright© 2018 【病気の危険性アリ】飛蚊症の症状を事前に確認しておこう All Rights Reserved.